ED治療を行う時には病院で処方を

ジェネリック医薬品なら、同じような効能を半額程度で得られる

ED治療【医師監修】ED治療の流れ

ED治療を本格的に行いたいと考えるのなら、病院で処方を受けるのが一番 : 不安なことや分からないことがあれば遠慮せずに聞くことが大切 : ジェネリック医薬品なら、同じような効能を半額程度で得られる

もちろん医療機関に行って処方してもらうことも可能です。
その場合、自由診療となりますので保険証を忘れても出してもらえますが、現在服用している薬についてはしっかりと分かるようにしておかなければなりません。
事前に問診票を書いたら診察室で問診を受けることになり、これは約5分程度で終わります。
このタイミングで必要に応じて血圧をはかることもありますが、いずれにしても時間はかかりません。
問診が終わり次第院内で薬をもらうことができるのが一般的であり、2回目からはもっとスピーディーに済ませられます。
利用している間に服用する薬が増えたり減ったりしたら、それも忘れずに伝えましょう。
組み合わせによっては副作用が強く出てしまうことがあります。
ED治療薬を利用する上で注意しなければならないのは、心臓の病気等でニトログリセリンのような硝酸剤を服用していたり、排尿障害や血圧の薬等を服用しているケースです。
これらのケースでは服用できない可能性が高く、医師に相談しても見合わせるように言われるはずです。
現在の状況をきちんと伝えた上で服用しても問題ないと判断された場合には、ED治療を開始できる状態と言えます。
費用面に関しては利用する医療機関によって多少の差がありますので、比較して安いところを選ぶと良いかもしれません。
ただし、同じ薬を用いる場合には大きな差にはならないので、少しでも安く済ませたい時にはジェネリック医薬品も候補に入れることをお勧めします。
ジェネリック医薬品なら、同じような効能を半額程度で得られることもあり、節約したい時に最適です。